works  > フレンチレストラン 丁字屋栄

フレンチレストラン 丁字屋栄 (2018)





流山市にある大正時代に建てられた古民家を利用したフレンチレストランの改修です。この地域は古民家が数多く残る場所でもあります。
このレストランのブランドを高めるためにフロント部分を中心とした設計を行いました。

フロントはお客様を最初にお迎えする場所であり、レストランの第一印象を決める重要な場所です。そのフロント部分に無垢の一枚板・大谷石を用いた重厚感があるカウンターを設置し落ち着きを与え、加えて奥にある階段に目隠しの格子を設けお客様同士の視線が重ならないように配慮しながら、奥行きをもたせています。

ブランドを高めて高級感を出すには、気軽さとは違う空間の重厚感や落ち着きが必要です。
フロントに重厚感・落ち着きをもたせ、このレストランが作り出す非日常のひと時を演出するそんな空間を実現しています。



・所在地:千葉県流山市流山1-5
・用途:フレンチレストラン
・ホームページ:丁字屋栄

・施工:沼尻工房 サンステップ ホシザキ北関東株式会社 (順不同)
・設計期間:2018.9
・施工期間:2018.9~2018.10
・写真:池田俊彦建築設計事務所